レーシックで視界ハッキリ~ハッとするほど明るい視界~

手術の種類

一口にレーシック手術といっても、様々な種類があります。レーシック手術では、人に合わせてどの施術がとられるか異なってきます。イントラレーシックという技術では、イントラレースFSレーザーという物を利用して、フラップと呼ばれる角膜のフタを作っていくものです。角膜に厚みがないという人や、強度の近視の人に利用される技術です。また、ウェーブフロントレーシックという技術は、眼球全体を解析できる機械を浸かって行っていきます。個人の目に合わせたレーザープログラムを決めることができるので、不正乱視等の矯正も行うことができます。イントラレーシックの技術とウェーブフロントレーシックの技術を組み合わせた、イントラウェーブフロントレーシックという技術は、角膜が薄い人でも利用することがdけいます。また、エピレーシックという方法は、角膜上皮を剥離してレーザーを照射していきます。格闘家等目を怪我しやすい人も利用することができるもので、スポーツを行っている人に人気があります。

レーシック手術を受けるに当たり、1日で検査と施術を行うというプログラムを行っているクリニックもあります。通常では2日かけて行うものを、午前中と午後に分けて施術を行うことができます。しかし、施術を受けて翌日には検診を受けなくては行けないので、実質2日かかります。通常のプログラムでは3日かかります。時間を一気に短縮することができるので、多くの人に人気があります。札幌や名古屋等に時間を短縮したプログラムが組まれています。札幌のクリニックは託児所が併設されていることも多いので、子どもがいても安心して施術を受けることができます。また、札幌のクリニックの中には託児所が無料で借りられるようなところもあります。検査や施術の際に利用することができるので、安心して受けることができます。